水之瞬
写真日記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

雪景色を求めて矢倉岳~金時山~乙女峠。  後編

前編で辿り着いた矢倉岳を後にして、足柄峠を越えて金時山を目指します。

前編の最後に手に入れた"相棒"のお陰で矢倉岳の急な下りを越えた後、進路は西です。


IMGP7361.jpg


足柄峠以外にも21世紀の森、洒水の滝など面白そうな場所があったのですが、流石に1日じゃ周れず万葉公園方面へ。。。


でもここでアクシデント!

IMGP7366.jpg

雪で隠れていた穴に右足を入れてしまい腰までずっぽり落ちてしまいました。。。
幸い念のために相棒に体重を掛けて全力で落ちるのだけは防いでどこも傷めることなく復帰。



IMGP7372.jpg
先ほどの穴から少し進んだ先に岩場を発見。
水槽のレイアウトの参考になるんじゃないかと思いしばらく眺める。。。。



岩場を通り過ぎてしばらく林道を行くと視界が少し開ける。

IMGP7375.jpg

先程までいた矢倉岳を今度は見上げる形。
あそこにさっきまで居たんだと思うと嬉しくなる。

この辺りで手袋を片方無くしている事に気付く、どうやらさっき穴に落ちかけた時に無くしたっぽい。


ここから暫くは真っ直ぐ道なりに進む。
万葉公園を越えると道路に出てまた富士山の見える道に出る。

IMGP7391.jpg
希望の丘でセルフ記念撮影。 足柄峠までもうすぐだ。
この写真を撮った後で一度アイゼンを外して足柄峠まで道路を歩く。


それから10分ぐらい歩いたかな。

IMGP7396.jpg

足柄峠の足柄峠関所跡に到着。(門は再現で立てられた物みたいです)。
意外とこじんまりしていてさっさと通り過ぎてしまった。


ここから先はまた道路を進んで金時山までの距離がドンドン縮まってくる。


IMGP7405.jpg

最後の金時山までの一本道。
右手に富士山をチラ見しながらアイゼンを付け直して進む。

ずっと真っ直ぐでいい加減飽きてきていた所に・・・・・


IMGP7406.jpg

とんでもない特等席を発見!
誰も来る気配は無い、小腹も空いた、ここいらでサンドイッチタイムその2です。
目の前には大迫力の富士山。こんなダイナマイティなランチ初めてだぜオイ。。。。


お腹を満たしたところで金時山の頂上に向けてラストスパートです。

IMGP7410.jpg
最後になってすごく急坂の予感・・・・

そして。。


予感的中。
IMGP7415.jpg

足場が不安定すぎてロープを持って腕の力で登っていく形に。。。。
途中でなんどかヒヤっとする場面もありましたが、丈夫に張ってあるロープと相棒に何度も助けられました。。


一番辛い箇所なんかは本当に写真を撮る余裕が無くて撮れませんでした。。。

頂上手前。後ろを振り返ると。。。。



IMGP7417.jpg

先ほどまで居た矢倉岳や足柄峠が遥か下に見えますね@-@
矢倉岳は870M、金時山は1200M、この差はやはり大きいみたい。


そしていよいよ頂上。

IMGP7427.jpg
矢倉岳よりさらに富士山にグッと近づいた感じ。
でも個人的には矢倉岳からの富士山の方が好みかも。。



でも金時山からはこんな景色もあります。

IMGP7426.jpg
下に広がるのは雪を被った箱根の町と芦ノ湖。
光が差し込んで綺麗でした。


登頂者名簿にもしっかり名前を残しましたよ!
IMGP7428.jpg


この後茶屋で休憩した後はだいぶ楽な帰り道。
乙女峠までまっしぐらでした。

IMGP7443.jpg


さらに岩場を下り。
IMGP7458.jpg

その先も最初に通ったような林道を過ぎれば。。。。



IMGP7466.jpg

ゴール!!
ここで相棒との別れです。。。ちょっと愛着が沸いて持って帰りたいとも思いましたがここでサヨウナラです@-@


IMGP7467.jpg

バスで強羅まで行って後は電車でグースカグースカ。横浜までゆらゆら。


どれだけ疲れてもまた絶対行こうと思う。それがトレッキングのすばらしい所。
今回は朝の4:30に家を出て横浜に帰ってきたのは18:30でした。

前編よりさらにさらに長い記事。申し訳ないですハイ。。
スポンサーサイト
【2011/02/19 21:52】 | 散歩 | トラックバック(0) | コメント(4)
<<キューバパール・グロッソ観察  ~4週間経過~ | home/a> | 雪景色を求めて矢倉岳~金時山~乙女峠。  前編 >>

コメント

本当にもうkatodaさんはすごすぎます!
ま、写真の印象からすると私よりもかなりお若いようですから、当然かな?

「とんでもない特等席」は「猪鼻砦跡」のようですね。

私、このコースは歩いたことはないものの、地蔵堂→金時山というコースなら3度ほど歩いているんですよ。

金時山への最後の急登を登っているときに自衛隊員の大群に出くわし、山頂に着くまでの間、ずっと「こんにちは!」「こんにちは!」と言い続けなければならなくてまいったことがあります。

こっちは登りでつらいんだって(苦笑)。
【2011/02/20 17:29】 URL | KamakuraAQUA #asuINEfk[ 編集]
ありがとうございます@-@
まだまだ若さだけが取り得ですから、これからもガンガン登っていきたいですね~
さすがkamakuraAQUAさん、猪鼻砦跡。やっぱり知ってますね~。

地蔵堂からのコースを3回も?!
雪が無くてもやはり金時山の頂上手前は急登なんですね^^;
確かにあれの途中でこんにちは連発はツライかも。。。。

自分だったら止まって全員通りすぎるまで待ってしまいそうです・・・@-@
【2011/02/20 17:40】 URL | katoda #-[ 編集]
またまた素晴らしい景色!
雪の次の日のおでかけっていいですね。
でもこんな所登れないし…;^_^A
苦労しないと見れない景色、
見せてもらってなんだか得した気分ですw
【2011/02/26 17:40】 URL | jaga2 #-[ 編集]
jaga2 さん。  返事遅れてしまいました。。。ごめんなさいv-12

いつもベタ褒めしてくれてありがとうございます!
そう言われるとまた次に登る元気が出ます@-@

雪が無くなれば特別難しい山ではないみたいなんでハイキングなんて行って来てもいいかもしれませんよ?
帰りに温泉にも寄れるし一日掛けて楽しめますよ!v-218
【2011/02/28 13:15】 URL | katoda #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。